クレジットカード現金化には、店舗型と無店舗型があるのをご存知でしょうか?どちらのほうが還元率や信用性は高いのだろうかとお悩みではありませんか?

実は、還元率、信用度ともにほとんどかわりません。クレジットカード現金化業者の平均還元率は80%が相場になります。店舗型でも無店舗型でも同じ還元率でしたらどちらを選びますか?もちろん簡単な無店舗型を選ぶ方が圧倒的に多いでしょう。

しかし、店舗型にもたくさんのメリットはあります。今回は、店舗型のクレジットカード現金化について説明します。

クレジットカード現金化の店舗型とは?

クレジットカード現金化店舗型

まさに読んで字のごとく!!駅前や人通りの多いところで、クレジットカード現金化をします!という看板を見たことはないでしょうか?もしくは駅周辺のビル看板に大きく、カード現金化と書いています。

店舗型は約20年以上前から存在しています。無店舗型はここ5~10年で少しずつ増え始めて今では店舗型を大きく上回っている状態です。

店舗型のメリット

ここで店舗型のメリットをいくつか挙げてみましょう。

  • 店員さんと相対するので安心
  • 長く営業している店舗が多い
  • 駅近
  • 還元率が平均的

この4つが店舗型のメリットになります。無店舗型ではありえないことが店舗型のメリットですね。

店員さんと相対するので安心

これは無店舗型では絶対にありえないことです。実際に現金化をしている人とお客様が会ってサービスをするのでとても安心感があります。無店舗型ですと顔が見えないので不安になることが多いでしょう。

長く営業している店舗が多い

冒頭でも説明しましたが、店舗型は現金化が始まった約20年前から営業しているところがほとんどです。良い意味でいえば老舗になります。やはり新規参入の会社より老舗の方が安心感がありますよね。

駅近

駅近なメリットはやはり利便性でしょう。駅からすぐに降りてこれから食事に行く際、現金がないときはすぐにでも利用ができます。現金化とはどこも10分程度でできるので素早く現金を手に入れることができます。

還元率が平均的

無店舗型だとインターネットだから誇大広告をして実際には還元率が60%だったなんてことはよくあります。しかし店舗型はどこも80%ぐらいが平均的なので、完全に騙されるということはありません。どこの店舗に行ってもだいたい80%なので、安心して利用できます。

店舗型最大の特徴

安心感

店舗型の最大の特徴は、メリットでお伝えしたようにやはり安心感が一番です。現金化は世間からはいろんな罵声をうけているので安心感がないと利用することが怖くなります。

私、個人的に、もし初めて現金化をするときは店舗型を選んでしまうかもしれません。

店舗型を選ぶ際の注意点

ここで店舗型を選ぶ際の注意点をいくつかあげます。

  • 態度が悪い場合がある
  • 無店舗型と同じ還元率なら損
  • 24時間営業ではない

こちらの3つがクレジットカード現金化の店舗型を撰んだときの注意点になります。

態度が悪い場合がある

店舗型の店員さんの態度は正直バラバラです。本当に態度の悪い店員さんにあたってしまうと、二度と利用したくないと思ってしまします。

無店舗型と同じ還元率なら損

例えば無店舗型が本当に80%で還元していたら、店舗型に行くまでの道のりが無駄です。正直動かずに現金化できる方が楽でしょう。

24時間営業ではない

24時間営業をしている店舗型は現在ありません。夜中に現金が欲しくて駅に降りても手に入れることができないのです。

最後に

クレジットカードの現金化はできることなら利用は控えてください。必ずいずれはカード会社へ支払いをしなくてはなりません。現金化業者は買取業者と一緒です。差額で儲けをだしているので買取価格は販売価格を下回ります。本当にピンチなときにだけ利用してください。無店舗型か店舗型かはその時々の状況に合わせて利用するのが一番賢い方法です。