キャリア決済の現金化をしようと考えているけど注意点はあるのだろうか?事前に何か注意しておくべきことはあるのだろうか?

キャリア決済現金化の注意点についてお悩みではないだろうか?

実は、キャリア決済を現金化するときに注意してほしい点が全部で7つある。

  1. 換金率70%以下の現金化サイトは利用しない
  2. キャリア決済のIDやパスワードを現金化サイトに教えない
  3. 現金化できる金額を最初に教えてもらう
  4. 振込手数料は必ず無料の現金化サイトを利用する
  5. キャリア決済の利用料金は必ず支払う
  6. 携帯電話が利用できなくなる可能性がある
  7. 迷惑メールの設定を解除しておく

7つの注意点は、キャリア決済の現金化をする前に絶対に理解しておいてほしい。

なぜなら、騙されたり、ケータイが利用できなくなったりすることを未然に防ぐためだ。

今回は、キャリア決済の現金化をするときの7つの注意点について詳しくご説明しよう。必ず、キャリア決済の現金化をする前に読んでほしい。

キャリア決済の現金化をする前に読んでほしい7つの注意事項

キャリア決済の現金化をして騙されない、ケータイが利用できないような状態にならないためにも以下注意点をもう一度確認してほしい。

  1. 換金率70%以下の現金化サイトは利用しない
  2. キャリア決済のパスワードを現金化サイトに教えない
  3. 現金化できる金額を最初に教えてもらう
  4. 振込手数料は必ず無料の現金化サイトを利用する
  5. キャリア決済の利用料金は必ず支払う
  6. 携帯電話が利用できなくなる可能性がある
  7. 迷惑メールの設定を解除しておく

一つ一つ詳しく解説していこう。

換金率70%以下の現金化サイトは利用しない

キャリア決済の現金化は、換金率が現金化サイトによってバラバラである。およそ60%~85%の間が換金率目安だ。

しかし、60%~85%だと正直幅が大きすぎるためわかりにくいだろう。ズバリ、70%以上であれば高換金率と判断してよい。

それ以下の換金率を提示してくるような現金化サイトは利用してはダメだ。ちなみに弊社は70%以上を完全保証している。

以下、弊社の換金率表だ。

キャリア 換金率
ドコモ 85%~70%
au 85%~70%
ソフトバンク 85%~70%
ワイモバイル 85%~70%

見て分かる通り、4キャリアすべて70%以上の換金率を保証している。

キャリア決済のIDやパスワードを現金化サイトに教えない

ご自分のキャリア決済のIDやパスワードを絶対に現金化サイトに教えてはいけない。たとえ優良店であってもそれは絶対にしてはいけないことだ。

なぜならいつ悪用されるかわからないからである。悪質な現金化サイトだと、以下内容でキャリア決済のIDやパスワードを聞こうとする。

  • お客様がめんどうであればこちらで購入を代行する
  • 現金化に必要な情報なので記入させる
  • もしものときのために保険として聞いて置く

等々、、、

他にも様々なやり口で個人情報を搾取する悪質な現金化サイトはたくさんある。

それを防ぐためにも、絶対に何があってもキャリア決済のIDやパスワードは教えてはならない。

現金化できる金額を最初に教えてもらう

キャリア決済の現金化を申し込みしたらまず最初に、現金化されて振り込まれる金額を確認することが大切である。

なぜなら、現金化サイトに購入した「amazonギフト券」「iTunesコード」を送ったあとに、現金振り込み金額が低すぎたらもう手遅れだからだ。必ず、「amazonギフト券」「iTunesコード」を送る前に注意して確認をしてほしい。

振込手数料は必ず無料の現金化サイトを利用する

キャリア決済の現金化をしたら9割以上は現金で振り込まれる。そのときの振込手数料をお客様負担にしていく悪質現金化サイトも存在する。

振込手数料を無料で現金化してくれるサイトはたくさんあるため、無料のサイトでしてもらうほうが断然お得である。

キャリア決済の利用料金は必ず支払う

キャリア決済の利用料金は必ず支払いをすること。もし支払いを怠れば、ケータイが止まるだけでなく今後一切キャリア決済枠を利用できなくなったり、限度額に制限をかけられてしまうからだ。

電話料金と合算して支払うことができる便利な機能なので、支払いができる範囲で利用をしよう。

携帯電話が利用できなくなる可能性がある

携帯電話が利用できなくなるのは、キャリア決済現金化をするうえでのリスクである。キャリア決済枠を利用して現金化をすることは違法ではないが、各携帯電話会社の規約には違反している。

それがばれてしまうと、携帯電話を解約しなくてはいけなくなる。せっかく慣れ親しんだ電話番号ともお別れをしなくてはいけないのだ。何よりもう二度と、携帯電話の契約ができるなくなる可能性もある。

そのリスクを十分考えておくことが必要だ。

迷惑メールの設定を解除しておく

迷惑メールの設定をしている方は、キャリア決済の現金化をする前に解除する必要がある。なぜならパソコンメールなので届かない場合がある。指定受信にしても届かない可能性がでてくるので、一旦全解除がおすすめだ。

キャリア決済の現金化が完了したらまた元に戻せば良いだけである。

キャリア決済の現金化で知っておくべき5つの知識

キャリア決済の現金化をするときに知っておくべき5つの知識がある。これを覚えておけばスムーズに現金化できるだろう。

  1. 毎月1日~3日は振り込みが遅い
  2. ネットバンクを持っておくと便利
  3. フリーメールアドレスを利用
  4. 土日祝日は振り込みが早い
  5. ケータイ何台でも現金化できる

それぞれ詳しく説明していこう。

毎月1日~3日は振り込みが遅い

毎月1日~3日は、キャリア決済の現金化サイトは大忙しとなる。そのため通常よりも振り込みまでの時間が遅くなることがあるのだ。

なぜなら、キャリア決済枠が4キャリア共通で毎月1日に復活するからである。これは、どこのキャリア決済現金化サイトで申し込みをしても同じだと言える。

3日以降は落ち着きを取り戻して通常の振り込み時間で対応できるはずだ。

ネットバンクを持っておくと便利

ネットバンク

ネットバンクを持っておくと、以下振り込みが反映しない時間でも即時入金が反映される。

  • 平日の15時以降
  • 土日祝日

これほど便利な銀行はないだろう。以下4つのうち、一つでも作っておくことをおすすめする。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行

できれば一番現金化サイトの利用が多い、楽天銀行をもっておくと現金化サイトもすぐに対応してくれるだろう。

フリーメールアドレスを利用

フリーメールアドレスを利用すると、メールのやりとりがスムーズでやりやすいのだ。

ケータイメール(@docomo.ne.jp/@ezweb.ne.jp/@softbank.ne.jp/@i.softbank.jp/@ymobile.ne.jp/@icloud.com)は迷惑メールの設定を「強」にしていると届かないことがある。

特に、@icloud.comは届かないことがよくあるのだ。

  • Yahoo!メール
  • Gmail

どちらか作っておくと良いだろう。

土日祝日は振り込みが早い

土日祝日は振り込みは振り込みが遅いイメージではないだろうか?

実は、土日祝日はネットバンクさえあればものすごく早くキャリア決済の現金化をすることができる。

土日祝日は、お客様がほとんどこないからだ。平日よりも忙しくないため、すぐにでも振り込みの対応が可能になる。

ケータイ何台でも現金化できる

一人のお客様がケータイ1台まで現金化できるわけではない。一人で何十台もっていてもすべてキャリア決済の現金をすることができる。

簡単な話が、両親や兄弟、友人、知人、同僚、恋人などのケータイを本人の許可さえあれば現金化することができるのだ。

最後に

キャリア決済現金化の7つの注意点と、知っておくべき5つの知識を伝えてきたがわかりやすかっただろうか?

キャリア決済の現金化は、クレジットカードの現金化と同様のリスクがある。今では三種の神器となっているケータイが契約できなくなってしまった終わりに近い。

そうならないためにも弊社も十分な配慮はしている。

それでもお客様のリスクを少しでも減らすために、自分自身でもキャリア決済をするときの注意点を踏まえて現金化をしてもらいたい。

弊社であれば、他サイトには提供できない高換金とスピード入金を常に心がけている。それに加えて安全に現金化できるやり方も知っている。

なにか質問があれば、迅速に丁寧な対応をしていくつもりである。