キャリア決済手数料

キャリア決済で商品を購入するときって手数料はかかるのか?!もし手数料がかかるならなんのメリットもないな!普通にクレジットカードや現金で買ったほうが良いじゃないか。

安心して頂きたい。キャリア決済で商品を購入するときには一切手数料はかからない。

どっかのサイトでキャリア決済には手数料がかかると記載されていたがどういうことだ?

それは、キャリア決済で購入できるように設定しているサイト側が手数料を支払っている。だから購入する側は一切の手数料をとっていない。

キャリア決済で商品を購入することは、ここ4~5年でかなり拡大してきている。おそらく慣れている人はクレジットカードでネットショッピングをするより簡単に感じるであろう。

キャリア決済の手数料について徹底的に教えよう。

商品を購入するときにキャリア決済の手数料は一切不要

キャリア決済で商品を購入するときに手数料は一切必要ありません。

1,000円の商品をキャリア決済で購入したいときは、1,000円の支払いだけで買えるのだ。これは、ドコモauソフトバンクワイモバイルすべてに共通して言える。

キャリア決済は、クレジットカードのようにカード番号を打ち込む必要がないのでとても買い物をするときに便利だ。

ECサイト側はキャリア決済手数料がかかる

購入者はキャリア決済手数料が無料である理由の一つに「販売会社が手数料を支払っている」からだ。商品を販売しているサイトは、販売金額の5%~10%程度手数料を決済代行会社に支払っている。

キャリア決済は手数料が無料だが利用限度額が低い

キャリア決済の限度額は月に10万円程度である。クレジットカードよりも明らかに限度額が低い。クレジットカードよりも簡単で便利だが限度額を超える買い物はできないので、自分のキャリア決済枠がいくらあるのかを把握しておこう。

ドコモのキャリア決済枠で限度額は5万円

ドコモは、au・ソフトバンク・ワイモバイルの中でもキャリア決済の限度額が一番少ない。最高でも5万円までしか利用できないので気をつけよう。

ドコモキャリア決済の限度額について詳しく知りたい方はコチラ→【2017年度版】ドコモケータイ払い現金化は最大85%の換金率

auのキャリア決済枠で限度額は10万円

auキャリア決済枠は最高で10万円まで限度額を設定することができる。

auキャリア決済の限度額について詳しく知りたい方はコチラ→換金率85%に大注目!auキャリア決済を現金化できる3つの方法

ソフトバンクのキャリア決済枠で限度額は10万円

ソフトバンクキャリア決済枠は最高で10万円まで限度額を設定することができる。

ソフトバンクキャリア決済の限度額について詳しく知りたい方はコチラ→ユーザー必見!超簡単ソフトバンク決済で現金化するたった1つの方法

ワイモバイルのキャリア決済枠で限度額は10万円

ワイモバイルキャリア決済枠は最高で10万円まで限度額を設定することができる。

ワイモバイルキャリア決済の限度額について詳しく知りたい方はコチラ→高換金率77%!ワイモバイルをたった8分で現金化する唯一の方法

キャリア決済の現金化をするときに手数料は0円

キャリア決済を現金化するときには、商品購入手数料は一切かかりません。弊社では商品券を購入していただいて、購入した商品券を買取する仕組み。そのため、買取の差額分以外は手数料は一切かかることはない。

他のキャリア決済現金化のサイトでは以下手数料をとる場合がある。

振込手数料

消費税

上記のような手数料をとるサイトの利用は絶対にやめてほしい。

振込手数料

キャリア決済の現金化サイトで振込手数料をお客様負担でとるサイトがいる。しかも300円~500円もだ。こんなに振込手数料をとられたら換金率が大幅に下がるので気をつけてほしい。

ちなみに弊社は、振込手数料を一切いただいていない。

消費税

消費税をとるようなキャリア決済現金化サイトは悪質でしかない。そもそもキャリア決済で購入した商品券を買取するだけなに消費税がかかるわけがない。チケットの買取で消費税はかからないのだから。消費税という名目で手数料をとるようなサイトは詐欺サイトである。絶対に利用してはいけない。

最後に

キャリア決済には手数料が一切かからないことを説明してきた。クレジットカードよりも簡単にネットショッピングができるからとても便利である。限度額が低いのがデメリットだが、それを上回るほどのメリットが多数ある。

キャリア決済の現金化をするときも一切の手数料がかからないサイト選びがお得に現金化するコツだと覚えておこう。