携帯決済で現金化ができるのはもう皆さまご存知かと思います。しかし「どうやって実際に現金に換えられるの?」「なにを購入したら良いのか?」「犯罪行為ではないのか?」と様々な疑問があると思います。そこで今回は、携帯決済現金化のカラクリについてご紹介いたします。

携帯決済現金化ってなに?

携帯決済現金化とは、各キャリアの携帯電話料金に合算してお支払いができる決済手段を利用して現金化することです。この仕組みができたのは今から約10年前から各キャリアが始めている決済サービスなので安心してご利用して頂くことができます。

現金化に対応した携帯決済一覧

NTT docomo ドコモケータイ払い
au auかんたん決済
SoftBank ソフトバンクまとめて支払い

こちらの3キャリアが携帯決済現金化の対象になります。

このほかには、ワイモバイルの携帯決済枠も現金化の対象となります。

※2016年5月現在、ガラケーでも携帯決済は機種により現金化ができない可能性がありますので予めご了承ください。

携帯決済現金化の還元率

携帯決済の現金化は、クレジットカード現金化よりも枠が少ないため還元率が少し低いですが、他社より間違いなく還元率をUPしておりますのでお気軽にご相談ください。

docomo携帯決済現金化還元率

 お申込み決済金額  お振込み金額
¥1.000-~¥10.000- ¥7.00-~¥7.000-
¥10.000-~¥20.000- ¥7.000-~¥14.000-
¥20.000-~¥30.000- ¥14.000-~¥21.000-
¥30.000-~¥50.000- ¥21.000-~¥35.000-

※還元率はこの限りではありません。交渉次第ではUP可能です。

au携帯決済現金化還元率

お申込み決済金額 お振込み金額
¥1.000-~¥10.000- ¥7.00-~¥7.000-
¥10.000-~¥20.000- ¥7.000-~¥14.000-
¥20.000-~¥30.000- ¥14.000-~¥21.000-
¥30.000-~¥50.000- ¥21.000-~¥35.000-

※還元率はこの限りではありません。交渉次第ではUP可能です。

SoftBank携帯決済現金化還元率

お申込み決済金額 お振込み金額
¥1.000-~¥10.000- ¥7.00-~¥7.000-
¥10.000-~¥20.000- ¥7.000-~¥14.000-
¥20.000-~¥30.000- ¥14.000-~¥21.000-
¥30.000-~¥50.000- ¥21.000-~¥35.000-

※還元率はこの限りではありません。交渉次第ではUP可能です。

携帯決済現金化の流れ

携帯決済が現金に換わるまでをご案内致します。

1.携帯決済利用可能額(残高)の確認
まずは携帯決済枠の残高確認をお願いします。
ドコモ(docomo)ソフトバンク(softbank)au(エーユー)各ホームページで残高確認出来ます。
携帯会社ごと、またはお客様の利用状況よって枠の設定が違うので必ずご確認お願いします。
2.お申込み
ご利用可能額がわかりましたら現金堂お申込みフォームよりお申込みください。
携帯決済現金化の場合は、現金化方法「携帯決済(キャリア決済)」をお選びください。
できましたら備考欄へ携帯会社をご入力いただきますとスムーズになります。
3.携帯決済
ご利用携帯会社により商品購入場所が違いますのでこちらでご案内いたします。
指定商品購入を携帯決済払いで購入して頂きます。
わからない点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
4.現金のお受け取り
携帯決済で承認が確認できると、お客様の指定した金融機関口座に現金が振込まれます。
購入して頂いた商品を買取ということでその買取金額が振り込まれます。
5.現金化完了のお知らせ
こちらで携帯決済が現金に換わりましたのでお手続きが終了になります。

※お荷物の受け取りや、携帯決済の暗証番号を聞いたりは弊社ではしておりませんのでご安心ください。

携帯決済現金化の違法要素

「クレジットカード現金化や携帯決済現金化は違法ではないのか?」これはずっと前から問題になっている事案です。答えから申しますと、違法ではございません。しかし、クレジットカードの規約には違反になります。したがって携帯決済は完全な合法現金化と言えるでしょう。クレジットカードの現金化は限りなく合法に近いグレーゾーンと言ったところです。要約するとご自身でわざわざ現金化をしていると、クレジットカード会社や携帯会社へ言わなければ良いのです。実際に現金化ではなく弊社は買取で現金をお振込みしているからです。以前まで流行っていた、「キャッシュバック型」現金化であれば限りなく違法性があります。絶対に「キャッシュバック型の現金化」は利用しないようにしましょう。

携帯決済現金化のまとめ

クレジットカード現金化よりも簡単で枠も小さい分、返済も無理なく携帯料金と合算なので支払いやすいです。唯一のデメリットは、還元率が下がること。ですが弊社であればそれを十分にカバーする還元率をご提案することができます。また、クレジットカード現金化との併用も受け付けております。携帯電話を2台、3台お持ちの方であればかなりの還元率で現金に換えることができますのでお気軽にお申込み・お問い合わせお待ちしております。