ソフトバンクまとめて支払いはいくらまで利用出来るのだろうか・・・

携帯の利用料金の支払いでショッピングができる便利なソフトバンクまとめて支払いだが、利用出来る範囲すなわち限度額が決められている。

限度額は利用出来る金額を増額することもできるでので、各個人によるが今利用している金額よりもさらに利用出来る金額が増える可能性もある。

今回は、ソフトバンクまとめて支払いの限度額の確認方法、限度額の変更方法を詳しく説明していこう。

「ソフトバンクまとめて支払い」の限度額

限度額=利用可能金額はソフトバンクとの契約状況や利用者の年齢にによって変わってくる。最大で100,000円/月に利用することが可能だ。詳しくは下記表で確認してもらいたい。

ソフトバンク携帯利用中

ソフトバンク

他社からの乗り換え

ソフトバンク2

ソフトバンクまとめて支払い限度額確認方法

1:My SoftBankログイン後、メニューをクリックする。

2:ご利用可能額などをクリックして、次にご利用可能額の設定をクリックする。

4:ご利用可能額が確認できる。設定可能なご利用可能額限度額ということだ。

ソフトバンクまとめて支払い限度額確認4

ソフトバンクまとめて支払い限度額変更方法

1:先ほどの、ご利用額確認画面にてご希望のご利用可能額に希望の金額入力して次へクリックする。※設定可能なご利用可能額の範囲内で可能

ソフトバンクまとめて支払い限度額変更

2:変更内容を確認して、次へクリックする。

ソフトバンクまとめて支払い限度額変更2

3:パスワードを設定して設定をクリックする。

ソフトバンクまとめて支払い限度額変更3

4:設定完了後、次へをクリックする。

ソフトバンクまとめて支払い限度額変更4

5:パスワードを入力して設定をクリックする。

ソフトバンクまとめて支払い限度額変更5

6:利用可能額設定完了。

ソフトバンクまとめて支払い限度額変更6

「ソフトバンクまとめて支払い」締め日は3通りある

ソフトバンクまとめて支払いの利用期間は携帯の利用料金と一緒で一ヶ月間です。ソフトバンク携帯料金の締め日は3通りあり各個人により異なります。

例)11月から12月の利用の場合

「ソフトバンクまとめて支払い」に関する注意点

ソフトバンクまとめて支払いが利用できなくる場合があるので以下の点に注意していただきたい。

  • 携帯料金の滞納
  • 携帯料金支払い遅れ
  • 利用は計画的に

携帯料金を一ヶ月、二ヶ月と滞納がある場合、ソフトバンクまとめて支払いが利用できなくなったり、限度額を下げられる場合もある。滞納をまとめて支払ったとしても、ソフトバンク側の審査により今後利用できなくなる場合があるので注意してほしい。

携帯料金の支払い期日に、口座より引き落としされないような状況が何度も続く場合も、限度額を下げられる場合もある。単純に信用がなくなるほど不利になるので、最大100,000円の限度額が利用できるように、しっかりと携帯料金の支払いは怠らず守っていただきたい。

ソフトバンクまとめて支払いは手軽に決済ができるものだが、決して使いすぎないように計画的に利用していただきたい。携帯の利用料金と一緒に請求が来るのを忘れずに。

「ソフトバンクまとめて支払い」の利用出来る金額を現金に替えることも可能

ソフトバンクまとめて支払いはデジタルコンテンツやショッピングなどの代金を携帯料金とまとめて支払いができる便利な決済サービスだが、なんとその利用出来る金額を現金にすることができるのだ。その方法は、ソフトバンクまとめて支払いで「iTunesコード」を購入してコードを換金してもらうことで現金に換える、すなわち現金化することができるのだ。ショッピングで利用したくない方、現金が欲しい方には嬉しい方法だ。

iTunesコードの購入方法を詳しく知りたい方はコチラ

⬇︎⬇︎⬇︎

ユーザー必見!超簡単ソフトバンク決済で現金化するたった1つの方法

ソフトバンクまとめて支払いで「iTunesコード」が購入出来る

ソフトバンクオンラインショップでiTunesコードが販売されており、ソフトバンクまとめて支払いを利用して購入することが可能なのだ。これはソフトバンクユーザーならではの特権である。

販売されているiTunesコード

  • 1,500円iTunesコード
  • 3,000円iTunesコード
  • 5,000円iTunesコード
  • 10,000円iTunesコード
  • バリアブルiTunesコード(1,500円〜50,000円まで1円単位で指定できる)

販売されているコードの最高額は10,000円のiTunesコードだが、バリアブルカードで金額を指定すれば最高50,000円のiTunesコードを購入することができる。50,000円以上購入する場合は、2回購入手続き必要があるのだ。さらにバリアブルは1円単位で金額指定できるので、ソフトバンクまとめて支払いで利用出来る金額すべてを使用することができる。

「iTunesコード」を現金化

iTunesコードを現金化=換金するには相場があり、例えば10,000円のiTunesコードを現金に換えると10,000円の現金が手にはいるということではない。換金するにあたり換金率があり相場は65%だ。

つまり、

10,000円(iTunesコード)×65%(換金率)=6,500円

というわけだ。

「現金堂」であれば高換金率

iTunesコードの相場は65%だと伝えたが現金堂であれば最低1,500円〜からの申し込みでも70%は完全保証している。さらに高額になれば最大77%の換金率だ。

iTunesコードの金額 換金率
1,500円〜100,000円 70%
100,001円〜1,000,000円 75%
1,000,001円〜3,000,000円以上 77%

振込み手数料、他手数料は発生しない

70%の換金率を完全保証でさらに、振込み手数料や他手数料は一切かからない。純粋に70%の金額が振込みになる。

10,000円(iTunesコード)×70%(換金率)=7,000円(口座で確認できる金額)

例えば、振込み手数料が250円かかり換金率が60%のところで換金の依頼をするとしよう。

10,000円(iTunesコード)×65%(換金率)−250円(振込み手数料)=6,250円(口座で確認できる金額)

このように現金堂で換金するより750円も変ってくる。高額の申し込みになるほど金額の差は大きい。そこに他手数料もかかってくれば金額の差は歴然だ。

上記の例を踏まえてiTunesコードを換金するのであれば、高換金率で現金化することができるので是非とも現金堂を選んでいただきたい。

最後に

ソフトバンクまとめて支払いの限度額の確認、変更方法はお分かりいただけただろうか。ソフトバンクをいつまでも利用できるように期日にはしっかりと支払いできるようにしていただきい。

そして、ソフトバンクまとめて支払いを利用して現金に高換金したいのなら現金堂へ。